のぞみの広場

世界に思いを馳せてみよう

No.108
希学園 国語科講師 藤川 こず恵
世界に思いを馳せてみよう

この夏、世界に思いを馳せるイベントが開催されます。
このご時世、行動範囲が狭くなっているので視野も狭くなりがちです。
しかし、未来を生きるあなたたちはそんなことではいけない!
ふだんは意識しない、知らなかった国に触れるチャンスです。
視野を広く持ち、色々なことに興味を持ってほしいと思います。
イベントに興味がなくても(持てなくても)、世界の国々に興味を持ってみましょう。
この国はどのあたりにあるのか、どんな気候なのか。
首都はどこか、そこはどんな都市なのか。
有名な観光地があれば、そこはどんなところなのか。
美味しい食べ物はあるのか(これは大事です!)
そんなことを家の人と一緒に調べてみましょう。
そして、世界に興味を持つと同時に、自分の国への理解も深めることが大切ですね。
各都道府県でも、上記のような内容を調べてみましょう。
美味しい食べ物は、家に居ながらにして各地方から取り寄せることもできます。
〇〇県祭り!と称して、その県の美味しいものを食べてみるのも良いですよね。
その時に地図も確認しながら、どんなところなのかをお話ししてみましょう。
現在の姿だけでなく、歴史も知っておくと良いですね。
自分の住む地域のことを紹介出来る人は、素敵だと思います。
社会で勉強したことが役に立ちますね(私は国語科講師ですが)
出身地についてよく知ることは、自分を知ることにも繋がります。
自分を知り、周りを知る。
自分がどんな世界に生きていて、どんな世界に進んでいこうとしているのか。
自分の「位置」を知ることは、自分を成長させる基本です。
「自分」を知り、思考し、自分を大きくしていきましょう(やっと国語科らしくなりましたかね?笑)
夏休み、希の夏期講習で「頭に汗をかく」だけではもったいない。
せっかく時間があるのですから、どんどん広げていきましょう。
小さくまとまってはなりません。身体は移動出来なくても、頭の中は自由です。
世界中、いや宇宙にだって、架空の世界にだって飛んでいけるのです。
地球上の国だけでなく、本の世界にも遊びに行ってくださいね。
どんな本を読めばいいの? という人は国語科プレゼンツ「読書のスゝメ」をご覧あれ!

タイトル一覧へ
お問い合わせ
各種お問い合わせ窓口はコチラ