のぞみの広場

塾生諸君の合格を切に祈る!

No.113
希学園 理事長 前田 卓郎


 黎明れいめい。2022年1月1日、新しい年の夜明けです。小6の塾生の皆さんはいよいよ本格的な入試の戦いに突入です。
 2年間におよぶコロナ惨禍の中を戦い抜いてきた皆さんが、目前に控えたさらに高いステージを目指して戦っていく激烈な日々を過ごすことになります。すなわち、熾烈な戦いに挑む日々の始まりとも言えます。
 世の中は今もって、騒然とした状態にあります。しかし、皆さんは冷静な気持ちで入試という大きな壁を突破するために全精力を傾注して粛々と乗り越えていかなければなりません。大変な労苦の伴う難しいことのように思われるかもしれませんね。しかし、皆さん! 大きな自信を持ってぶつかっていこうではありませんか!
 そうですよ! 皆さんはもうすでに大きな魔物との戦いに勝利しているのです。このコロナ惨禍の中を元気ハツラツと入試を受けるところまで辿り着いたではありませんか。すごいと思います。もちろんここまでくるのにはご家族をはじめ、周りの人々の強い支えがあったからできたこととは思いますが、何といっても一番頑張ったのは皆さんなのですからね。とにかく第一段階の勝利者であることは間違っていません。
 今から入試当日まで毎日毎日健康に留意し、規則正しい日常生活の維持とともに学習生活を継続し、自分の持っている実力をしっかりと出せる「納得のいく受験」「悔いのない受験」を目指して頑張っていこうではありませんか!!
 ここで、理事長からの小6塾生の受験生に向けての檄文を以下に掲げておきます。他の学年の皆さんも一緒に読んでおいてください。

●希学園小6塾生の皆さんへ
 年が明け、すぐに埼玉の入試が始まります。さらに千葉の入試そしてあっという間に2月1日からの入試を迎えることになります。「時間が経つのは早いもの」という言葉の通り、特に振り返ってみると、このコロナ惨禍の約2年間という期間は、あっという間に時間が過ぎ去ってしまいましたね。でもその間も皆さんは、毎日毎日朝から夜遅くまでがんばりました。私はよく「受験というものは、運・不運もあるけれど自分との闘いを成し遂げた充実感、満足感があるか否かだ。それだけに何としても納得のいく、悔いのない受験をしよう!」と言ってきました。私は、希学園塾生諸君は全員が充実した受験勉強ができたものと確信しています。なぜなら、それだけ誰と比べても負けないくらい頑張ったと思うからです。周りから厳しい状況を押しつけられても、それを跳ね返してここまで頑張ってきた皆さんだからです。完全に自分に打ち克った生徒たちばかりだからです。大いに自信を持って入試に臨んでください。
 受験というものは、いつの時代でも厳しいものです。競争倍率2倍というのは、「2人に1人が合格するのだ! まぁまぁ半分は合格するなぁ!」ではありません。「2人に1人は確実に不合格になる。すなわち、落ちるのです。」合格者の中に入ろうとすれば、「何としても合格するんだ。」「絶対に合格する自信が、私には、僕にはあるのだ。」と言い切れるような強い気迫を伴った精神力が必要です。その自信の裏付けとなるのは、諸君が今まで希学園で培ってきた克己心です。この力はどこの中学校の入試をも突破できる力です。諸君のようにこんなに鍛えられた受験生は、日本のどこを探してもいないでしょう。日本最強、いや世界最強の受験生と言えます。何も恐れることはありません。心静かに自分の胸に手をあてて、もう一度「自分が合格しないで誰が合格する!」と自分の心に言い聞かせましょう!


 今まで培ってきた力を出し切って悔いのない受験をしましょう!
 君の力を出せば志望校に絶対に合格できます。
 君の合格を固く固く信じています。頑張ってきなさい。
 希学園塾生受験生諸君!その輝ける合格を心から祈っています!!


最後の最後まであきらめないで頑張り抜こう!
希学園塾生受験生諸君の勝利を心から祈る!


希学園の先生達は心から熱い支援を送っている!
頑張って、頑張って、最後の最後まで頑張り抜け!
君のその手で勝利をがっちりとつかみとれ!

祈合格!


タイトル一覧へ
お問い合わせ
各種お問い合わせ窓口はコチラ