のぞみの広場

○○GO!

No.67
希学園 社会科講師 加藤 大輔
○○GO!

「おもしろきこともなき世をおもしろく」
これは江戸時代末期に活躍した、高杉晋作という人物の言葉です。


4年生以下の君……5年生でやります。(^o^)
5年生の君……この前やりましたね。(^_^)
6年生の君……誰?とは言わせませんよ。(`Д´)


あなたは、受験勉強をしていて、つらいな、やめたいな
と思ったことはありませんか。


勉強っていうとどうしても大変なイメージがつきまといます。
でも、勉強(学問)は本来楽しいものです。
希の先生は、それぞれの科目の楽しさを君に伝えてくれるでしょう。


一方で、時には勉強がいやになる気持ち、それも理解できます。
課題がこなしきれなくて、辛くなったことがある人、
けっこういると思います。
同じ小学校の子が遊んでいたりするのに、
なぜ自分だけがやらないといけないんだろう。
ときには、逃げ出したくなることもあるかもしれません。
ゲームしたいな、と思うこともあるでしょう。


中学受験に挑戦することを決めたあなたが
ゲームをやるということは全くお勧めできませんが、
おもしろいというのは分かります。


かくいう私も、ポ○ットモンスター(通称ポ○モン)
というゲームに十数年前にハマったことがあります。
今でも人気のあるゲームで、最近でもポ○モンGOも流行りましたね。


レベルを上げると、強くなります。
もっとレベルを上げることで、より強い敵を倒すことができます。
今まで行けないところへ行けるようになります。
時間を忘れて、のめり込んだのを覚えています。


でもこれって、勉強でも同じことがいえます。
実力が上がると、より難しい問題を解くことができます。
塾のクラスが上がったり、より上の難関校が見えたりしてきます。
今まで知らなかったことを知ることによって、
この世界についての見方も広がっていきます。


そう考えるとワクワクしてきませんか。
最初に紹介した高杉さんの言葉のように、
勉強も含めて、世の中のことをおもしろく感じるか、
つまらないと感じるかは自分次第。


もしゲームがやりたければ、勉強をゲームにしてしまえば良いのです。
新しい知識を身に着け、経験値を積んでいきましょう。
どうせやるなら、楽しくレベルアップしていきましょう。


4年生以下の君……5年生でやります。(^o^)
5年生の君……この前やりましたね。(^_^)
6年生の君……誰?とは言わせませんよ。(`Д´)


楽しくやらずんば勉強にあらず。
○○(志望校の名)へ、GO!

タイトル一覧へ
お問い合わせ
各種お問い合わせ窓口はコチラ